2019年11月

ターゲット・インカム型ファンドへの投資は慎重に

こんにちは。 「人生100年時代の資産寿命を伸ばす」という目的で、シニア層に「ターゲット・インカム型ファンド」というタイプの投資信託が人気のようです。 日本人の安定志向を象徴するニュースです。 各ファンドとも、3%の分配金を払い出すのを前提に、年3%前後の年間リターンを目指して運用するのが基本理念です。 したがって、ファンドが目標のリターンを得られていれば、元本を減らさずに維持できることになります […]

株高が終わりに近づきつつある可能性

こんにちは。 今月はアメリカの主要株価指数(NYダウ、S&P500など)が史上最高値を更新し、株式市場の好況が続いています。 問題はいつまで続くかということですが、誰も正確に予測することはできませんし、私も予想しようとは思いません。 しかしながら、永続的に景気拡大することはなく、強気相場と弱気相場のサイクルが繰り返されることは投資家の共通認識といってよいでしょう。 実際に、現在の強気相場が […]

地球温暖化問題に見る算数力の欠如

こんにちは。 今回の記事は投資とは直接関係しませんが、投資家だけでなく日本全体にとっての重大問題です。 タイトルにあるとおり地球温暖化の話題なのですが、ウェブ上のあるコラムを読んでいて、数字で議論することの重要性を改めて認識したので記事にしました。 投資においても、情緒ではなく数字で考えることが大切ですので、その意味においては関係がなくもないです。 元ネタは以下の記事です。 私が特に深刻(かつ愚か […]

業界最低水準の運用コスト!「eMAXIS Slim」シリーズ

こんにちは。 前回の記事で、インデックスファンドの低コスト化について紹介しました。 そちらでも述べた通り、現時点において国内の投資信託の中では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がコスト最小になっています。 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)だけではなく、eMAXIS Slimシリーズは、ほかにも低コストで優れた投資信託がラインナップされています。 そこ […]

インデックスファンドの低コスト化が進む

こんにちは。 以前の記事で、インデックスファンドがアクティブ運用ファンドを資産額で上回ったというニュースを紹介しました。 そうすると必然的に、インデックスファンド間の競争も、し烈になってきました。 しっかりベンチマークに連動して運用できているファンド間では、顧客を獲得するには、他のファンドより低コストの運用を行うしかありません。 必然的にコストの引き下げ競争が起こり、近年は国内ファンドでも、非常に […]

投資におけるリスク分散の必要性

こんにちは。 これまで幾度となく、アメリカの株価指数が長期的にいかにめざましい成長を遂げてきたかを記事にしてきました。 個人的には、今後もアメリカの株式市場の成長には期待できると思っています。 しかしながら、未来を確実に予測することはできませんので、だれも予想していない危機が訪れる可能性もあります。 資産クラスのリターン比較:年度により大きく変動 以下の図は、2009年から2018年までを年度別に […]

弱気相場の心構え

こんにちは。 バンガード社のウェブサイト(投資情報)には有益なコラムが記載されていて勉強になります。 「終わりのない弱気相場はない」 特にインデックス投資家に自信をあたえるコラム(終わりのない弱気相場はない)が掲載されていました。 このコラムは、弱気相場を直近の株価の最高値から20%下落した相場と定義したうえで、弱気相場が来ても動揺することなく、自分で決めた投資ルールにしたがって着々と投資を続けな […]

インデックス資産運用ビッグ3の興隆

こんにちは。 当ブログでは、たびたびインデックス投資のトピックを取り上げています。 インデックス投資の世界では、特に有力な運用会社が3社存在します。 バンガード、ブラックロック、ステート・ストリート 当ブログで具体的な投資信託・ETF銘柄を取り上げたこともありましたが、特にS&P500のETFを取り上げたさいに紹介した3銘柄が、ビッグ3の代表的な投資商品になっています。 いずれもS& […]

NYダウが連日最高値を更新中

こんにちは。 早いもので、今年も残り2か月を切りました。 気候もだいぶ寒くなり、暑がりの私でも今秋はじめて長袖を着ました。 今回はNYダウの話題です。 NYダウが史上最高値を連日更新 今週(11/4週)は、NYダウが過去最高値を連日で更新しましたね。 11/8の終値で、NYダウは27,681.24ポイントまで達しました。 振り返ってみると、2017年1月にトランプ氏がアメリカ大統領に就任した直後、 […]

[SBI証券]Tポイントとの連携で投資効率アップをねらう

こんにちは。 先日の記事では、楽天スーパーポイントを楽天証券で利用するとお得であることを紹介しました。 今回は、TポイントをSBI証券に連携させて、投資に活用する方法をお伝えします。 SBI証券がTポイントを導入 SBI証券では、以前は独自のSBIポイントが付与される仕組みになっていました。 しかし、2019年9月から、SBI証券がTポイントと連携しました。 これによって、保有しているTポイントを […]

[楽天証券]投信積立とポイント投資を組み合わせて投資効率アップをねらう

こんにちは。 最近は、年を追うごとに投資環境が改善されてきています。 その一例として、投資初心者でも取り組みやすいように、各種ポイントサービスと連携した投資サービスが増えてきました。 投資に対して恐怖心をもつ未経験者にとっては、少額で投資が始めることで、最初の一歩をふみ出すハードルが低くなります。 この記事では、私自身も利便性を感じている「楽天スーパーポイント」についてお伝えします。 なお、以下の […]

ドルコスト平均法だけで大丈夫?暴落時の投資戦略を考える(2)~日本株インデックス編~

こんにちは。 前回の記事に引き続き、株式市場の暴落時の投資戦略を検討します。 今回は、日本株インデックスの場合を考えましょう。 前回同様、暴落時により多く買い付けをおこなうことによる効果がどの程度あるのか確認します。 具体的には、ドルコスト平均法をベースとして、暴落(下落)時にアレンジを加えた、以下の戦略でシミュレートします。 戦略:暴落時にドルコスト平均法に増資する。20%下落以降、マイナス10 […]