投資全般

2/2ページ

株高が終わりに近づきつつある可能性

こんにちは。 今月はアメリカの主要株価指数(NYダウ、S&P500など)が史上最高値を更新し、株式市場の好況が続いています。 問題はいつまで続くかということですが、誰も正確に予測することはできませんし、私も予想しようとは思いません。 しかしながら、永続的に景気拡大することはなく、強気相場と弱気相場のサイクルが繰り返されることは投資家の共通認識といってよいでしょう。 実際に、現在の強気相場が […]

業界最低水準の運用コスト!「eMAXIS Slim」シリーズ

こんにちは。 前回の記事で、インデックスファンドの低コスト化について紹介しました。 そちらでも述べた通り、現時点において国内の投資信託の中では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がコスト最小になっています。 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)だけではなく、eMAXIS Slimシリーズは、ほかにも低コストで優れた投資信託がラインナップされています。 そこ […]

インデックスファンドの低コスト化が進む

こんにちは。 以前の記事で、インデックスファンドがアクティブ運用ファンドを資産額で上回ったというニュースを紹介しました。 そうすると必然的に、インデックスファンド間の競争も、し烈になってきました。 しっかりベンチマークに連動して運用できているファンド間では、顧客を獲得するには、他のファンドより低コストの運用を行うしかありません。 必然的にコストの引き下げ競争が起こり、近年は国内ファンドでも、非常に […]

投資におけるリスク分散の必要性

こんにちは。 これまで幾度となく、アメリカの株価指数が長期的にいかにめざましい成長を遂げてきたかを記事にしてきました。 個人的には、今後もアメリカの株式市場の成長には期待できると思っています。 しかしながら、未来を確実に予測することはできませんので、だれも予想していない危機が訪れる可能性もあります。 資産クラスのリターン比較:年度により大きく変動 以下の図は、2009年から2018年までを年度別に […]

弱気相場の心構え

こんにちは。 バンガード社のウェブサイト(投資情報)には有益なコラムが記載されていて勉強になります。 「終わりのない弱気相場はない」 特にインデックス投資家に自信をあたえるコラム(終わりのない弱気相場はない)が掲載されていました。 このコラムは、弱気相場を直近の株価の最高値から20%下落した相場と定義したうえで、弱気相場が来ても動揺することなく、自分で決めた投資ルールにしたがって着々と投資を続けな […]

インデックス投資だけで億万長者になれるか

※2019/10/28に更新しました。 こんにちは。10月も下旬になり、すっかり秋らしくなりました。 これまでの記事で、インデックス投資や複利運用について解説してきましたが、 「実際にお金持ちになれるのか」 「机上の空論ではないのか」 と疑問に思われるかもしれません。 そこで、ドルコスト平均法(定額積立法)によるインデックス投資だけで、普通のサラリーマンでもお金持ち(億万長者)になることは可能なの […]

ドルコスト平均法

こんにちは。 季節柄でしょうが、先日は台風17号により主に九州で被害が発生しました。 被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。 私も実は旅行で四国にいて、飛行機の便が欠航になるという人生で初めての経験をしましたが、 翌日には無事に帰京できました。 これまでの記事、特に直近2回の記事で積立投資の話題を取り上げましたが、 このこのに焦点を当ててみたいと思います。 定額を積み立てて投資すること […]

長期投資の利回り(3)

こんにちは。 前々回、投資の元手があれば、複利運用が強力な資産形成のツールになることを見ました。 前回、投資の元手が無い場合でも、積立をおこなう形で複利運用を行なうことで、 資産形成のチャンスが得られることをご説明しました。 今回は少し補足を行ない、このトピックのまとめとします。 いくつかの運用パターンの比較シミュレート 初期投資と定額積立の組み合わせ 年代や家族構成にもよりますが、 投資の元手が […]

長期投資の利回り(2)

こんにちは。 前回の記事では、投資を実践するに当たって、 複利で運用する(利益を再投資する)ことの重要性を確認しました。 複利で運用することの優位性は確認できたのですが、 それでもある程度の時間はかかるのです。 前回の記事のグラフを見ていただくとわかるのですが、 年間利回りが5%とすると、30年かかって約4.3倍になります。 これでは、もともと特別な資産を持たない人とっては、 やらないよりはずっと […]

長期投資の利回り(1)

こんにちは。 先日の台風15号では、一部地域にて停電が発生したり、 多くの鉄道会社で運休や遅延が発生したりと、影響を受けた方も多かったと思います。 被害にあわれた方におかれては、一日も早く復旧できるようお祈り致します。 私は、一般のサラリーマンが投資を行なう場合には、 リスクとリターンのバランスを考えると、 低コストのインデックス投資(株式)を中心に長期間の運用を考えると良いと思っています。 そこ […]

ETF投資事始め(2)

こんにちは。 強い台風15号が8日夜から9日朝にかけて関東に上陸するらしく、 明日の通勤時間帯に影響が出そうです。 大きな被害が出ないことを祈るばかりです。 今回は前回に引き続き、ETFについて整理していきたいと思います。 主に、投資先の分野に目をつけETFの種類について見てみましょう。 基本的には通常の投資信託と同じように、幅広く投資の対象分野をカバーします。 ETFの種類 前回の記事も触れまし […]

ETF投資事始め(1)

こんにちは。 ここのところ、東京は幾分涼しくなりましたが、それでもまだ暑いですね。私は暑がりでして25℃超えると夏の気候という感じです。。私の好きな過ごしやすい秋が待ち遠しいです。 さて、以前の記事で投資信託について取り上げました。投資信託とよく似た金融商品としてETFがあるので、こちらについても取り上げてみます。 ETFとは 証券取引所に上場している投資信託のことをETFといいます。ETFはEx […]

投資信託事始め(3)~インデックスファンド VS アクティブファンド

こんにちは。前回の記事では、アクティブファンドとインデックスファンドについて、運用方針や基本的な特徴を見ました。今回は、私見も交えて、両者の比較を行なってみます。 コスト(購入時手数料・信託報酬)比較 両タイプの代表的な投資信託について、保有コストを比べてみましょう。基本的には、買付・売却時の手数料と、保有時に毎年発生する信託報酬があります。国内で購入可能な代表的なファンドについて、これらの費用を […]

投資信託事始め(2)~ファンドの運用方針

前回の記事に引き続き、投資信託の情報を整理してみます。前回は投資対象/地域による分類で整理したのですが、今回はファンドの運用方針によって分類します。ここからは、主に株式を対象とした投資信託を取りあげます。 アクティブファンド アクティブファンドは、ファンドマネージャーが、市場平均以上の収益を目指すタイプの投資信託です。例えば、日本であれば日経平均株価やTOPIX、アメリカ合衆国であればNYダウやS […]

投資信託事始め(1)~投資信託とはなんぞや

こんにちは。東京は連日35℃前後まで気温が上がり、朝の通勤時間帯でも30℃を越えることがめずらしくありません。暑いのが苦手な私は、秋が待ち遠しいです。 今回は、普通の人が投資を始めるにあたって、まっさきに投資の対象として思い浮かべるであろう投資信託について考えてみます。 投資信託とは そもそも投資信託が何かということを確認しましょう。 プロの投資家(ファンドマネージャー)が、われわれのような個人投 […]

株価指数と投資

こんにちは。 暑い日々が続きます。私は先日海水浴に行ったところ、はげしく日焼け(というよりも火傷と言いたいぐらい)してしまい、まだ肌がヒリヒリします。 それはさておき、今回は株式投資に関連して株価指数について書いてみたいと思います。 株価指数とは 一般に株式投資といえば、各企業の発行する個別銘柄の取引をイメージする方が多いと思います。そのような場合には、取引対象とする銘柄の株価を問題にします。それ […]