日本

株価続落と日本の景気先行き懸念

こんにちは。 2/25の株式市場も世界的に株価が下落しました。 ダウ工業株30種やS&P総合500種といった主要指数が2日続けて3%超の下落となっています。 NYダウは2万7081ドルと、2日間で約2,000ドル下がりました。 やはり現時点のコロナウィルス感染拡大のような、明るい先行きが見えず不安な心理的が人々の間に拡大する状況下では、株価は過剰に反応しますね。 少なくともコロナウィルスの状況に目 […]

日本の10-12月期GDPはと大幅マイナス成長(前期比年率-6.3%)

こんにちは。 日本経済の先行きが懸念されます。 先日発表された、(2019年)10-12月期GDPは、前期比年率マイナス6.3%と非常に悪い結果でした。 マイナス6.3%というのは、非常にインパクトが大きいです。 いかにヒドイ数字であるかというと、過去25年で下位5%ほどの水準です。 このことは、以下の動画の20:15あたりから、わかりやすい頻度分布のグラフで解説されています。 こちらの記事中にあ […]

2019年の日本株は半導体関連が好成績

こんにちは。 先日の記事では、2019年のパフォーマンスが良かったダウ銘柄を確認しました。 今度は、2019年の日本株の動向もみておきましょう。 日経平均そのものの成績は、以下のとおりです。 2018年末の2万0014円77銭から2019年末の2万3656円62銭へ上昇し、年間で18.19%の上昇率でした。 NYダウと同様にこちらも、2018年末に20%近い下落の局面があったため、上昇率は大きくな […]

ドルコスト平均法だけで大丈夫?暴落時の投資戦略を考える(2)~日本株インデックス編~

こんにちは。 前回の記事に引き続き、株式市場の暴落時の投資戦略を検討します。 今回は、日本株インデックスの場合を考えましょう。 前回同様、暴落時により多く買い付けをおこなうことによる効果がどの程度あるのか確認します。 具体的には、ドルコスト平均法をベースとして、暴落(下落)時にアレンジを加えた、以下の戦略でシミュレートします。 戦略:暴落時にドルコスト平均法に増資する。20%下落以降、マイナス10 […]