NYダウインデックス投資(1)

NYダウインデックス投資(1)

こんにちは。

インデックス投資をする場合に、有力な地域として真っ先に挙がるのはアメリカ合衆国でしょう。

アメリカを象徴する株価指数もNYダウ、S&P500、NASDAQなど世界的にメジャーな指数です。
米国の株価指数としてはおそらく1番有名な、NYダウへの投資について考えてみましょう。

アメリカは過去において経済的に繁栄してきただけではなく、いま現在も成長を続けています。
最近は株価が高い状態が続いており、近いうちに暴落が到来することを懸念する向きもあります。
しかし私は、一時的な暴落はこれからも起こるでしょうが、いまだに経済成長を続けている国であり、長期的にはこれからも投資には有望と考えています。

※投資地域のアセットアロケーション(資産配分)もリスク分散の上で大事ですので、米国一辺倒はあまり薦められません。

NYダウとは:アメリカの優良30銘柄を厳選し指数化

ウォール・ストリート・ジャーナルを発行するアメリカのダウ・ジョーンズ社が算出する、アメリカを代表する株価指数です。また、アメリカを代表するということは、世界を代表するといってもよく、全世界に影響力をもつ株価指数です。

ダウ工業株30種平均、ダウ平均株価などとも呼ばれます。

さまざまな業種からバランスよく30社を厳選しており、30社の株価を指数化しています。
つねに固定の30銘柄で構成されるわけではなく、時代に合わせて銘柄の組み換えが行なわれています。
S&P500が500銘柄から成るの比較すると、30銘柄は少なく感じるかもかもしれません。

構成銘柄

現時点での構成銘柄を一覧にしました。
アップルやアメリカンエクスプレス、ウォールトディズニー、ナイキなど、世界的に有名な企業から構成されていることがわかります。

ティッカー 企業名
AAPL Apple Inc.
AXP American Express Co
BA Boeing Co/The
CAT Caterpillar Inc
CSCO Cisco Systems Inc
CVX Chevron Corp
DIS Walt Disney Co/The
DOW Dow Inc
GS Goldman Sachs Group Inc/The
HD Home Depot Inc/The
IBM International Business Machines Corp
INTC Intel Corp
JNJ Johnson & Johnson
JPM JPMorgan Chase & Co
KO Coca-Cola Co/The
MCD McDonald’s Corp
MMM 3M Co
MRK Merck & Co Inc
MSFT Microsoft Corp
NIKE NIKE Inc
PFE Pfizer Inc
PG Procter & Gamble Co/The
TRV Travelers Cos Inc/The
UNH UnitedHealth Group Inc
UTX United Technologies Corp
V Visa Inc
VZ Verizon Communications Inc
WBA Walgreens Boots Alliance Inc
WMT Walmart Inc
XOM Exxon Mobil Corp

業種別構成比率

上記のように、NYダウはさまざまな業種から構成されているのです。
業種ごとの構成比率(指数に占める比率)を見てみましょう。
個人的にはアメリカはITや金融分野に強い印象がありますが、特定の業種に偏らず分散されていることがわかります。

引用元:https://us.spindices.com/indices/equity/dow-jones-industrial-average

パフォーマンス:長期にわたって成長を体現

以下のチャートを見ると一目瞭然ですが、NYダウも長期間にわたって非常に大きく成長してきました
30年前の1989年10月に2645だったんが、2019年10月19日現在26770ですから、この30年間で実に10.1倍に成長しています。30年間の年率平均は8.0%ということになります
成長性という観点で、驚くほど優秀な指数であることがわかります。

もちろん、常に相場が良いわけではなく、大きく暴落する時期もありました。
近年では、2008~2009年頃のリーマンショック(50%程度暴落)が典型的です。
しかしながら、2013年にはリーマンショック前の水準を回復し、今では2倍近い数値になっています。
長期投資では、暴落してもパニックになって売却せず、むしろ買い増すことができるような精神力が重要です。

 

https://jp.tradingview.com/symbols/DJ-DJI/

また、ここ40年ほどのNYダウとS&P500と比較したチャートを掲載しました。
オレンジ色がS&P500、ライトブルー色ががNYダウです。
時期によって優劣は変わりますが、ほとんど同等の成長を果たしています。
いずれにしても、実績において、NYは優れたパフォーマンスを発揮しています。

https://jp.tradingview.com/symbols/DJ-DJI/

 

算出方法:構成銘柄の株価を平均

以前の記事で見たように、S&P500が構成銘柄の企業の時価総額を元に計算されていたのに対して、こちらは構成銘柄の株価の平均から計算されています。

NYダウ = 30銘柄の株価の総和 ÷ 除数(30×補正値)

基本的には30銘柄の株価の単純平均、つまり30個の株価を足し算して30で割るという考え方です。
しかし、単純に30を割ったのでは、銘柄組み換え時に連続性が保てなくなります。

例えば、全銘柄が100ドル場合、当然30銘柄の平均値は100ドルです。
しかし、一つの銘柄が入れ替わり、1000ドルになったとすると、30銘柄の平均は1300ドル((100×29+1000)/30)になります。この場合、13/10(=1.3)で割ることで、100ドルとなり連続性が保たれます。
すなわち、除数として39(30×13/10)が用いられたことになります。

まとめ:NYダウは長期投資の対象として有望

NYダウが有効な投資対象となることを見てきました。
・過去長期間においてS&P500に負けず劣らず優秀である。
・アメリカを代表する世界的な優良企業で構成されている。
投資の参考になれば幸いです。

今回は以上です。それではまた。