3/3 FRBが0.5%緊急利下げ発表!

3/3 FRBが0.5%緊急利下げ発表!

こんにちは。

昨日3月3日、米連邦準備理事会(FRB)が政策金利を0.5%下げることを発表しました。
フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標は、1.00 – 1.25%になりました。
FRBの声明をロイターの記事から引用させていただきます。

FRBは声明で「米経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は引き続き力強い。新型コロナウイルスは経済活動に対するリスクとして台頭しつつある。こうしたリスクを踏まえ、さらに、最大雇用と物価安定の目標を達成するために、連邦公開市場委員会(FOMC)はきょう、 FF金利の誘導目標を引き下げることを決定した」とした。

引用:https://jp.reuters.com/article/instantview-fed-ratecut-idJPKBN20Q2OZ

多数の投資家の心理がうず巻くマーケットの動きというものは複雑で、利下げが発表された直後には一時的に株価は上昇し、NYダウは27,000ドルを超えました。
しかし、その後大きく下げ、終値は再び26,000ドルを割りました(始値::26,762.47ドル、終値:25,917.41ドル)。

以下のような見方もありますが、短期的なマーケットの反応をもって、利下げの効果はないとはいえないでしょう。

緊急利下げは、世界的な金融危機に見舞われた2008年以来。市場では今月下旬に予定されていた連邦公開市場委員会(FOMC)で50bpの利下げが完全に織り込まれていたが、2週間前倒しで対応した形となり、世界的に感染が拡大する新型ウイルスを巡るFRBの懸念を浮き彫りにした。

引用:https://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKBN20Q32Q

ちなみに、3/4のニューヨーク証券取引所の開場前の現時点(日本時間21:46)では、株価指数先物では主要指数が再度反発しています。

いずれにしても、しばらく株価の乱高下が続きそうです。
最近いつも同じ結論になってしまいますが、今後も株式市場の動きを注視していく必要があります。

 

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた。