S&P500インデックス投資(1)

S&P500インデックス投資(1)

こんにちは。

貪欲に利益を狙って個別の株式銘柄に投資を行なう(アクティブ投資)人もいれば、
堅実にインデックス投資をおこなう人もいます。
もちろん、両方の投資方法を組み合わせて、ポートフォリオを構成する方もいるでしょう。

私がこのブログで主に念頭においているのは、一般のサラリーマンの方なので、
基本的には安定的に運用を行なうインデックス投資を中心に投資関連の記事を書いています。

インデックス投資でリスク分散を考えると、
海外の指数もポートフォリオに組み入れるのが賢明です。
そうなるとアメリカが視野に入ってくるわけですが、
今回の記事では、アメリカの指数として特に代表的なS&P500を解説します。

S&P500とは:アメリカを代表する500銘柄を対象にした指数

NYダウと並んでアメリカの代表的な株価指数であるS&P500は、
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスによって算出される、時価総額をベースにした指数です。
ニューヨーク証券取引所(NYSE)、NYSE American、NASDAQに上場している銘柄のうち、
主要500社で構成された時価総額加重平均型の株価指数になります。

米国市場の動きを反映しているといってよく、市場時価総額の約80%を網羅しています
NYダウが30銘柄から構成されるのと比較してみても、500銘柄ですから、
より米国全体の経済状況が反映されていると考えられます。
しかも、厳格な基準のもとに、適時銘柄の入れ替えが行なわれおり、
その時点でのアメリカを代表する優良企業から構成されています。

構成銘柄

具体的な構成銘柄は以下のサイトで確認できますが、
時価総額の多い順に見るとマイクロソフト、アップル、アマゾンと、
だれでも知っているアメリカの企業が当然のように含まれています。

https://jp.tradingview.com/symbols/SPX/components/

業種別構成比率

業種ごとの構成比率(指数に占める比率)を見てみましょう。
特定の業種に偏らず分散されていることがわかります。

引用元:https://us.spindices.com/indices/equity/sp-500

以下のように、業種別の指数を確認できるサイトもあります。

 

パフォーマンス

単に米国市場を反映する指数であるというだけではなく、
S&P500は非常に優れたパフォーマンスを長年にわたって見せてきました。

 

S&P500チャート:https://jp.tradingview.com/symbols/SPX/

強烈な右肩上がりになっています。
1989年10月に330.7ドルだったのが、2019年10月1日には2913.2ドルですから、
この30年間で実に8.8倍になっています。
これは、平均で年率およそ7.5%の上昇に相当します。

さらに時間軸をログスケールにしてみると、
下図のようにほぼきれいな直線を描いていることがわかります。
これは、コンスタントに同程度の割合で上昇し続けていることを示します。

余談ですが、S&P500はコンスタントに上昇していて、
ほぼ指数関数の曲線になっています。
これは資産を複利運用したときの資産の増加が描く曲線と同様の形になります。
(複利計算についてはこちらの記事を参照ください。)

 

S&P500チャート:時間軸ログスケール

日本でもS&P500のインデックス投資をしている人は多いはずです。
これは、かの有名な投資家のウォーレン・バフェットも推奨していることと無関係ではないでしょう。
(バフェット氏のアドバイスはこちらの記事を参照ください。 ‎)

算出方法:時価総額の総和

算出方法も見ておきましょう。

NYダウが構成銘柄の株価から算出されるのに対して、
S&P500は構成される500銘柄の時価総額から算出されます。

S&P500= (銘柄の時価総額の合計) ÷ (基準点での時価総額の合計)

基準点として、1941~1943年の平均値を10としています。
したがって、現在のS&P500は2900程度ですから、
1941~1943年と比較して290倍になっているということです。
基準点があることで、株式市場の成長がわかりやすくなっています。

まとめ:S&P500は長期投資の対象として有望

なんといってもS&P500の長期のチャートを見ると、
日経平均を見慣れている日本人からすると、圧倒的な上昇率に驚きます。
(同じくアメリカの指数である、NYダウやNASDAQも同様ですが。)
この指数自体が非常に有望な投資対象であることはもちろん、
日本株メインで投資されている方のリスク分散の候補としてもよいと思います。

次回に続きます。それではまた。